• 雪魔法の徒然日記

BONX GRIPって知ってますか?

詳細は公式サイトを確認いただくとして・・・
簡単に言うと、VoIP通信ができるハンズフリーヘッドフォンです。

ハンズフリーなので、声を出せば通話可能。
10人まで同時通話が可能。
インターネット経由なので、距離制限がない。
スマフォとはBluetoothで接続で低消費電力。
電波途切れても復旧すれば再接続。
風切り音なども低減。
防滴・耐衝撃性能。

導入

というわけで、ボクも2年前に発売されたときに1セット購入しています。
離れていても会話ができるのはかなり便利です。
転んだ時の悲鳴とかもしっかり聞こえますよ^^
リフト乗り場のアナウンスまで拾っちゃうのは愛嬌ですが。

さて、そんなBONX GRIPも2年が経過して、この間、なんの進歩もないのはなぁ・・・って思っていました。
2018/06にはファームウェアのアップデートが出ましたが、Macじゃないとアップデートできないという状態。
Windows版アップデータは鋭意作成中とのアナウンスですが、1か月たっても2か月たっても出てこないので、諦めていました。
1年以上が経過して、どうなったかなーって思ってみてみると、アップデータがひっそりとリリースされているじゃないですか。
ZIPファイルを展開すると、作成日は2019/10/05でした。
できたて、ほやほや、です!

っていうか、アップデータができたなら、ちゃんとプレスリリースしてほしいよね。
Google先生に尋ねても、Mac版ができたときのニュースばっかりなのさ。

ファームウェアアップデート

というわけで、さっそくアップデート!
まずはダウンロードします。

  1. 以下サイトをブラウザで表示します。
    https://ja.help.bonx.co/ja/collections/1968440-ファームウェアアップデート-windows
  2. 「1.ファームウェアアップデートとは(Windows版)」を熟読します。
    うちのBONX GRIPは BX2DとBX2Fだったので、アップデート対象でしたので、先に進みます。
  3. 続いて、「2.Windows版ファームウェアアップデーターのダウンロード」のページを表示します。
  4. 表示された内容から、自分のOSに対応したものをクリックして、ダウンロードします。
    うちは64bitOSなので、「http://fw.bonx.co/downloads/BONXFirmwareUpdater64bit.zip」をクリックしてダウンロードしました。
  5. ダウンロードが完了すると、ZIPファイルができますので、これを展開します。
  6. 展開するとEXEファイルができあがります。
  7. BONX GRIPとPCをUSBケーブルで接続します。
  8. 接続後、メインボタンと音量ボタンを同時押しで10秒待つと、LEDが黄色→消灯して書き込みモードになります。
  9. アップデーターを右クリックして「管理者として実行(A)」を選択し、実行します。
  10. UAC警告が出たら、「はい」を選択して、おきましょう。
  11. 言語選択画面が出たら、「日本語」を選択します。
    もちろん英語がよければ英語でかまいません。
  12. ようこそ画面には、書き込みモードの設定方法が書いてあります。
    読んだら「次へ(N)」をクリックします。
  13. インストール先フォルダを選択します。
    終わったら、アンインストールされますので、そのままでいいと思います。
  14. アップデータのインストールが始まりますので、終わるまで待機します。
  15. インストールが完了したら、「BONX Firmware Updaterを実行(R)」にチェックが入っていることを確認して、「完了(F)」をクリックします。
  16. BONX Firmware Updaterが起動します。
  17. シリアルナンバーのコンボボックスから、BONX GRIPのシリアル番号の左4桁を選択します。
    接続したBONX GRIPはBX2Dだったので、BX2Dを選択しました。
  18. アップデートするバージョンを選びます。
    特に不都合がなければ、最新バージョンと記載のあるバージョンを選びます。
    ※旧バージョンにも戻せるのが、良心的ですね。(戻してないから、実際に戻せるか不明ですが)
  19. 準備ができたら「書き込む」をクリックします。
  20. ここで失敗するようなら、BONX GRIPが書き込みモードになっていない、または書き込みモードで認識されていない状態だと思います。
    デバイスマネージャーで、「Bonx Grip in DFU Mode」というデバイスがあるか、確認してみてください。
    無ければアップデータを終了して、BONX GRIPを書き込みモードに設定変更してから、もう一度、BONX Firmware Updaterを起動してください。
    (インストールは終わっているので、スタートメニュー内にアプリがあると思います。)
  21. 99%まで行くと書き込みはほぼ完了です。
  22. 書き込み成功のダイアログが表示されます。
    自動的にLEDが赤色に光るって書いてあるけど、うちでは5分待っても2台とも光りませんでした。
  23. この後、アンインストールの確認画面が出ます。
    1台だけなら、「アンインストール」に進みます。
    2台以降もある場合は、いったん「今はしない」を選択し、BONX GRIPを差し替えてから2台目以降も実施します。
    (スタートメニューにBONX Firmware Updaterがあるので、そこから起動します)
  24. アンインストール画面が表示されるので、「次へ(N)」をクリックします。
  25. インストールしたディレクトリが表示されていることを確認して、「アンインストール(U)」をクリックします。
  26. ドライバーのアンインストール警告が表示されるので「はい(Y)」をクリックします。
  27. アンインストールが完了したら「完了(F)」をクリックします。
  28. これでアップデートが完了しました。
  29. BONX GRIPをケーブルから外して、BONXアプリを起動して、スマートフォンと接続します。
  30. BONXアプリの右上にある、デバイスマーク(?)をタップします。
  31. シリアル番号とファームウェアバージョンが表示されるので、更新されていることを確認します。

これで、アップデートはすべて完了です。

更新後の状態

確かに音量は少し上がっているように感じます。
それ以外は、特に変わりないような気がします。
ノイズキャンセリング能力は、実際にゲレンデに行ってみないと判らないかなー。
20m/s~40m/sって台風か^^

皆さんもBONX GRIP、ぜひ買いましょう♪
意外と使う場面は多そうです。自転車で一緒に走ったときとか、キャンプでセンターハウスに買い出しに行かせるときとか(^^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA