• 雪魔法の徒然日記

8月に入ってから、毎月買うのが面倒になってしまい、勢いに任せて、まとめて買ってきてしまいました^^;

追加購入パーツ

CPU Cooler : NZXT Kraken X52
PC Case : NZXT H510
PowerSupply: Tharmaltake TOUGHPOWER GRAND RGB 850W
CPU Grease : 親和産業 ICD7C IC Diamond 7 Carat 1.5g
CPU Grease Cleaner: 三協化学 エレクリーン100
OS: Windows 10 Home 64bit

電源は80PlusPLATINUMですよ。
今までは80PlusBRONZEだったので、数段アップ^^

これで、必要なパーツはすべて揃いました。
あとは一気に組み立てるだけ!

組み立て

組み立ては、さすがに10年前とは比べ物にならないくらい、簡単になっていました。
ケースもマザーボードも、みんなシステマチックになっていて、コネクタも間違って繋げることもないようになっています。
これなら、大抵の人は組み立てられそうですね。

一通り接続し、ケーブルの配線整理と接続の再チェックを行った後、いざ、電源をオン!
ブーンというファンが回る音の後に、コポコポコポってクーラント液が循環する音が心地よいです。
そして、ディスプレイに無事にAORUSロゴが表示されたので、一安心。

OSインストール

さて、ここからOSのインストールなんですが、今回はDSP版を買わずに、正規パッケージ版です。
もはやDVDでもなく、USBメモリが入っていました。
まずは、UEFIで起動シーケンスを変更して保存再起動。OSのUSBメモリを挿して、Ctrl+Alt+Delで再度リブートすると、無事にインストーラーが起動します。
最初に32bitと64bitを選択するメニューなのですが、当然64bitを選びます。
この後、シリアルキーを入力し、あとは終わるまで待つだけです。
あっけない・・・

OPTANEメモリが認識されない?!

ドライバやソフトウェアをインストールしていきましたが、OPTANEメモリが認識されていません。
認識はされていて、27GBのSSDとして見えている、が正解か。
IRSTで見てみると、OPTANEメモリを有効にできない・・。
もう一度、UEFIで設定を見てみると、M2ポートがコントロール設定になっていませんでした。
ここを有効に変更し、再度起動すると、無事にOPTANEメモリを有効化できました。
そして、有効化後は、HDDアクセスが格段に速くなりました!

データ移行

旧PCからデータを移行し、これですべての構築が完了です。
ネットワーク越しに移動できるので、データの移行も比較的簡単でした。
時間がかかりましたけどね。
次は、10Gbpsネットワーク化かなぁ。

旧PC

一通り以降も完了したので、本日、8/25をもって、電源を落とし、ACケーブルを抜線しました。
主なパーツは2008年のタイムスタンプがあるものばかりでした。
i7-870は出てすぐに買ったので、本当に11年間使用していたんですね。
ご苦労様でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA